ユナイテッドアローズがアシックスと共同会社設立、スポーツ関連に「再挑戦」

拡大
縮小
ユナイテッドアローズがアシックスと共同会社設立、スポーツ関連に「再挑戦」

紳士・婦人衣料や雑貨のセレクトショップを全国に展開するユナイテッドアローズ(UA)は、5月12日スポーツシューズ、衣料などの大手アシックスと新たに合弁会社を設立、スポーツ分野に「再挑戦」する。
 
 今回合弁で設立する企画会社は「OTプランニング」。アパレル分野を強化したいアシックスとスポーツ分野を強化したいUAの思惑が一致した形だ。
 
 アシックスは02年以来創業者の鬼塚喜八郎氏の名前を冠した「オニツカタイガー」ブランドでのシューズやウエアなどを国内外で展開中。直近の関連売上高は128億円と全売上高の約5%前後を占めるが、うちシューズ関連が118億円を占め、アパレル関連は10億円に止まっている。一方、スポーツ分野の重要性に着目していたUAはスポーツウエアの機能性とファッション性を双方を兼ね備えたブランド「サウンズグッド」の展開を開始。だが、08年秋には未曾有の金融危機が勃発したこともあり、昨年冬に同事業の撤退を決断している。
 
 今回の合弁会社では、UAはオニヅカタイガーブランドのアパレル、バッグを含めたアクセサリー関連商品やライフスタイル系商品の企画で協力する。パリコレクションなどでも活躍、すでにオニヅカタイガーブランドのデザインディレクターでもある岩谷俊和氏とも連携していく。10年の秋冬物から展開予定で、「オニツカタイガー」のアパレル部門売上高を10億円から10年度30億円へ、次年度は50億円へと伸ばすことを目標とする。
 
 資本金は3000万円でそのうち出資はアシックスが86%。UAの出資は14%にとどまり、UAにとっては直ちに連結対象とはならないが、「今後の海外事業進出に向けたノウハウ吸収、グローバル人材の育成などを期待している」(加藤英毅・ユナイテッドアローズ常務取締役)。ファッションとスポーツ市場が接近していることの証左であり、今後似たような提携が出ることも予想される。

■業績・事業概要など企業データの詳細はこちら

(福井純 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT