米アップルのiPhone出荷が最低の伸び、1─3月前年割れへ

予想割れ、出荷の伸びは過去最低

[サンフランシスコ 26日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>が発表した第1・四半期(12月26日まで)決算は、iPhone(アイフォーン)販売が予想を下回る7480万台となったほか、出荷の伸びも0.4%と、アイフォーン販売の2007年以降で最低を記録した。調査会社がまとめたアナリストの販売予想は7550万台だった。

純利益は1.9%増の183億6000万ドル、売上高は1.7%増の758億7000万ドルとなり、ともに過去最高。1株当たり利益は3.28ドルで、トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想平均の3.23ドルを上回った。売上高のアナリスト予想は765億4000万ドルだった。

大中華圏の売上高は14%増となったものの、同社のマエストリ最高財務責任者(CFO)は、香港を中心に経済情勢の変化を感じ始めているとし、「1─3月期に入り、景気減速の兆候が一段と顕著になりつつある」と語った。

アップルは、第2・四半期の売上高が500億─530億ドルになるとの見通しを示した。アナリストの予想平均は555億ドル。前年同期は580億ドルだった。FBRキャピタル・マーケッツのアナリスト、ダニエル・アイブス氏は、アップルの見通しによると、アイフォーン販売台数は4500万─5000万台になる可能性があると指摘。そうなれば、アイフォーン販売は初めて減少することになる。前年同期は6120万台だった。それでも同氏は、アップル決算が全般的に「懸念されていたよりもやや良かった」との見方を示した。

アナリストらは、アイフォーンに代わる新たなヒット製品がないことへの懸念を示している。アップルは腕時計型端末「アップルウォッチ」の売り上げを公表していないが、アイフォーンほどの人気はないとみられる。同社は、自動車開発を進めているとも伝えられているが、どのような計画かは依然明らかになっていない。

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)はアナリストとの電話会見で、アイフォーン販売が第2・四半期に前年同期で減少すると予想。半面、「アイフォーン6」発売前にアイフォーンを所有していた消費者の60%がアップグレードしていないことを理由に、成長の余地があると述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。