欧州委、VWに「米国並み」の顧客補償を要求

排ガス不正で行動迫る

 1月19日、欧州委員会は独フォルクスワーゲン(VW)に対し、排ガス不正対象車に関する詳細の提供を求めるとともに、欧州の顧客にも米国と同様の補償を行なうよう要求した。2014年10月撮影(2016年 ロイター/Jacky Naegelen)

[ブリュッセル 19日 ロイター] - 欧州委員会は独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>に対し、排ガス不正対象車に関する詳細の提供を求めるとともに、欧州の顧客にも米国と同様の補償を行なう要求した。

ビェンコフスカ欧州委員(産業政策担当)がVWのミュラー最高経営責任者(CEO)宛てた書簡をロイターが入手した。

それによると、委員は欧州連合(EU)加盟国ごとの不正対象車の正確な数や技術的な改善案、リコール(回収・無償修理)に関する詳細を求めた。

昨年9月の排ガス不正発覚以降、欧州委とVWは数カ月にわたり書簡をやり取りしている。

VWは欧州委に一段の時間的猶予を重ねて要請しており、ミュラーCEOは21日にブリュッセルでビェンコフスカ委員と会談する予定。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。