欧州委、VWに「米国並み」の顧客補償を要求

排ガス不正で行動迫る

 1月19日、欧州委員会は独フォルクスワーゲン(VW)に対し、排ガス不正対象車に関する詳細の提供を求めるとともに、欧州の顧客にも米国と同様の補償を行なうよう要求した。2014年10月撮影(2016年 ロイター/Jacky Naegelen)

[ブリュッセル 19日 ロイター] - 欧州委員会は独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>に対し、排ガス不正対象車に関する詳細の提供を求めるとともに、欧州の顧客にも米国と同様の補償を行なう要求した。

ビェンコフスカ欧州委員(産業政策担当)がVWのミュラー最高経営責任者(CEO)宛てた書簡をロイターが入手した。

それによると、委員は欧州連合(EU)加盟国ごとの不正対象車の正確な数や技術的な改善案、リコール(回収・無償修理)に関する詳細を求めた。

昨年9月の排ガス不正発覚以降、欧州委とVWは数カ月にわたり書簡をやり取りしている。

VWは欧州委に一段の時間的猶予を重ねて要請しており、ミュラーCEOは21日にブリュッセルでビェンコフスカ委員と会談する予定。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。