欧州委、VWに「米国並み」の顧客補償を要求

排ガス不正で行動迫る

 1月19日、欧州委員会は独フォルクスワーゲン(VW)に対し、排ガス不正対象車に関する詳細の提供を求めるとともに、欧州の顧客にも米国と同様の補償を行なうよう要求した。2014年10月撮影(2016年 ロイター/Jacky Naegelen)

[ブリュッセル 19日 ロイター] - 欧州委員会は独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>に対し、排ガス不正対象車に関する詳細の提供を求めるとともに、欧州の顧客にも米国と同様の補償を行なう要求した。

ビェンコフスカ欧州委員(産業政策担当)がVWのミュラー最高経営責任者(CEO)宛てた書簡をロイターが入手した。

それによると、委員は欧州連合(EU)加盟国ごとの不正対象車の正確な数や技術的な改善案、リコール(回収・無償修理)に関する詳細を求めた。

昨年9月の排ガス不正発覚以降、欧州委とVWは数カ月にわたり書簡をやり取りしている。

VWは欧州委に一段の時間的猶予を重ねて要請しており、ミュラーCEOは21日にブリュッセルでビェンコフスカ委員と会談する予定。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT