欧州委、VWに「米国並み」の顧客補償を要求

排ガス不正で行動迫る

 1月19日、欧州委員会は独フォルクスワーゲン(VW)に対し、排ガス不正対象車に関する詳細の提供を求めるとともに、欧州の顧客にも米国と同様の補償を行なうよう要求した。2014年10月撮影(2016年 ロイター/Jacky Naegelen)

[ブリュッセル 19日 ロイター] - 欧州委員会は独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>に対し、排ガス不正対象車に関する詳細の提供を求めるとともに、欧州の顧客にも米国と同様の補償を行なう要求した。

ビェンコフスカ欧州委員(産業政策担当)がVWのミュラー最高経営責任者(CEO)宛てた書簡をロイターが入手した。

それによると、委員は欧州連合(EU)加盟国ごとの不正対象車の正確な数や技術的な改善案、リコール(回収・無償修理)に関する詳細を求めた。

昨年9月の排ガス不正発覚以降、欧州委とVWは数カ月にわたり書簡をやり取りしている。

VWは欧州委に一段の時間的猶予を重ねて要請しており、ミュラーCEOは21日にブリュッセルでビェンコフスカ委員と会談する予定。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。