「ステマ対策」はアメリカでも始まっている

米FTCが厳格なガイドラインを発表

BuzzFeed」のネイティブ広告では、「ブランド・パブリッシャー」と書かれるのみで、広告主によるスポンサード記事だと明記はされていない。

この目安に達していない可能性があるのが「BuzzFeed」だ。「BuzzFeed」のネイティブアドのページでは、広告主名に加えて「brand publisher(ブランド・パブリッシャー)」という表記がされている。

同様に、「コスモポリタン(Cosmopolitan)」に掲載された以下のネイティブ広告も、記事における広告主の役割を明記していない。

「コスモポリタン」の広告記事では、メディアタイトルと企業ロゴのみを表記。

執筆者名欄に「コスモポリタン+広告主の企業ロゴ」だけである。FTCは、このような「企業ロゴやブランド名だけで、テキストを使って企業名を明記していない」表記を避けるべきだとしている。

さらに、外部リンクを読者がクリックして記事にアクセスする場合も、パブリッシャーは見出しの近くに広告であることを明記すべきという。「ネイティブアドの見出しの周辺に配置されていれば、消費者が気付いて理解する可能性が高い」と新ガイドラインには書かれている。

「エリート・デイリー」は抵触する可能性も

おそらく「エリート・デイリー(Elite Daily)」に掲載された、以下のネイティブ広告のような例を念頭に置いていたのかもしれない。

FTCの推奨に反して、「エリート・デイリー」のネイティブ広告の表記は、見出しのはるか下にある。

このサイトでは、見出しと画像の下までスクロールダウンしないと、広告表示を確認できない。

「エリート・デイリー」のミゲル・バーガー=カルデロン最高戦略責任者(CSO)は、「スポンサードコンテンツを常に明確にラベル表示している」と主張している。

前述のほかのパブリッシャーはコメントを避けたか、コメントを求めても今のところ回答はない。

Lucia Moses(原文 / 訳:ガリレオ)

Image via ThinkStock / Getty Images

DIGIDAY[日本版]の関連記事
ネイティブアド表記に関する、米の調査結果〜広告主&読者にとって最適な表現とは?
ネイティブアドは、思ったほど持続可能でないかもしれない。その実力と未来について
ネイティブアド」の良い例なんて見たことない:失業中コピーライター(54歳)の告白

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT