サウスウエスト航空の神対応はこう生まれた

ソーシャル担当部門を組織の「ハブ」化

フライトが800便も遅れる事態が発生! どう対処したのか?(写真 :@yume / PIXTA)

航空業界では、2015年10月11日(日)のことを「血の日曜日」と呼んでいる。

この日、飛行機の発着に関係する運用システムの誤作動により、サウスウエスト航空(Southwest Airlines)のフライトが800便も遅れるなどの事態が発生。数万人におよぶ利用者に影響を与えた。

Twitterには苦情が殺到

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

また、空港でフライトの再開を待つ乗客の列は、数マイルに及んだという。

そのため、このトラブルに対する苦情は、Twitter上にあふれかえった。

@SouthwestAir はエンジニアをたたき起こして、解決させてくれ! もう愛用するのはやめようかな……

状態は悪化する可能性があったため、同社は少しでも事態の改善をすべく、対策を続けた。Twitterに関しては、すべての苦情に関するTweetに返信。その数は数万にも及んだ。また、足止めされた乗客たちが空腹を訴えはじめると、ロサンゼルス国際空港へただちに従業員を派遣。飢えを癒やすためのピザを配らせた。

次ページピザを配ってどうなった?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT