「セサミストリート」が生まれ変わっていた

財政難で公共放送から有料ケーブル局へ

セサミストリートのキャラクター、クッキーモンスターとエルモ、アビーカダビー(写真:Dolly Faibyshev/The New York Times)

ビッグバードの巣は木に移動し、エルモは雰囲気のあるブラウンストーンの建物に引っ越した。エルモの親友アビーカダビーは、新しいコミュニティガーデンを気に入っている。オスカーは相変わらずゴミの缶から顔を出しているが、そこはリサイクルのための地下トンネルとつながっている。

新しい「セサミストリート」へようこそ。今シーズンのセサミのスローガンは、「CHANGE(変化)」だ。

新たに有料ケーブルで放送が開始

米公共放送PBSでの45年にわたる放送を経て、ビッグバードやエルモ、セサミストリートの仲間たちが集まるセットは生まれ変わり、新たに有料ケーブルテレビ局HBOでの放送が1月17日から始まった。

「あらゆるものが変わった」と、ターコイズブルーでハグが大好きなバイリンガルのモンスター、ロジータの操り人形師を26年勤めているカルメン・オズバーは言う。

オズバーが取材に応じてくれたのは、バレンタインデーのエピソードの収録の合間だった。セットは赤とピンクに彩られ、ニューヨークのウィリアムズバーグにあるような洒落た店に改装されたフーパーズストアの一角には、赤いお菓子でデコレーションされたハート形のクッキーもある。

「今風になった」と、オズバーは付け加えた。「セサミストリートが誕生したときは、ニューヨークのブロンクスみたいな雰囲気だった。それが今、オスカーがリサイクル用の缶にいる。驚きだ」

次ページ子どもは受け入れてくれるか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。