19年ぶりの外部登用 NHK改革の茨道

19年ぶりの外部登用 NHK改革の茨道

会長選出の直前に指名委員会で内紛が勃発。混乱の末に担ぎ出されたアサヒの福地氏はスタートから前途多難。(『週刊東洋経済』1月12日号より)

 1月25日、NHKの新会長に福地茂雄アサヒビール相談役(73)が就任する。外部からのトップ登用は元三井物産社長の池田芳蔵氏以来、19年ぶりとなる。

 昨年6月に古森重隆氏(富士フイルムホールディングス社長)が経営委員長に就任して以来、NHKに改革を求める動きは加速。生え抜きの橋本元一会長の再任を認めず、「外部でないと思い切った改革は難しい」(古森氏)とし、財界人を中心に適任者を探していた。福地氏には11月以降、古森氏自らが再三打診。12月上旬に4度目の説得でやっと了承を取り付けたという。

 だが会長選出の直前、委員2人が古森氏の議事運営が強引だとして、批判会見を開くなど土壇場で混乱もあった。12月25日の指名委員会では反対する委員から対立候補も提案されたが、結果は賛成10対反対2で、福地氏が会長就任に必要な9票を獲得した。 

 古森氏の強力なプッシュを受けた福地氏は、同日の会見で「人生最後で最大の仕事として取り組んでいきたい」と決意表明。ビール会社から公共放送とまったくの畑違いだが「組織をまとめる基本的な考え方がはっきりしていれば大丈夫」と自信をのぞかせた。

 ただ、経営委員会では昨年9月に執行部が出した「5カ年経営計画」を突き返し、練り直しを要請しており、経営委員会と執行部間は緊迫ぎみ。経営委が選んだ「外部」のトップが職員から信頼を得られるかも未知数だ。任期は3年。福地氏はスタートから難しい舵取りを強いられる。

(書き手:倉沢美左 撮影:今井康一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT