三菱UFJ証券とモルガン・スタンレー証券が統合へ、証券大再編はまだ序章


 加えて、注目されるのは、米シティが非中核部門に位置づけ、MUFGなど日本の3メガバンクに売却を打診している日興コーディアル証券の行方だ。日興コーディアルの顧客預かり資産は24.9兆円(08年末)。3メガバンクとも、日興コーディアルを取り込めば、「国内証券界での地位を一気に上げられる」(メガバンク幹部)ともくろむ。優勢と目されるMUFGが、三菱UFJ証券とモル・スタ日本法人を統合する新会社の社名を発表しなかったのも、日興コーディアルを買収した場合に、3社の大型再編に発展する可能性を含ませた動きと、取れなくもない。

昨秋のリーマン・ショック以後、証券会社の収益環境は一段と悪化。足元では主要各社が営業損益段階での赤字に苦しむ。金融市場をめぐる緊張状態は今もなお続いており、新たな再編が勃発する可能性もある。金融危機が背中を押す証券大再編は、まだ序章の段階だ。

企業データの詳細はこちら


(武政秀明 =東洋経済オンライン 撮影:今井康一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。