auが毎月5ギガバイト増の学割を導入

ソフトバンクも6ギガバイト増で対抗

 1月12日、KDDI(au)とソフトバンクは12日、学生向けの割引サービスを強化すると発表した。写真は都内で2009年1年撮影(2016年 ロイター)

[東京 12日 ロイター] - KDDI(au)<9433.T>とソフトバンクは12日、学生向けの割引サービスを強化すると発表した。auは25歳以下で5ギガバイト(GB)以上のデータ定額プランの契約者に、25歳まで毎月5GBデータ容量を上乗せする。1年で最大の商戦期となる卒業・入学シーズンを前に、学生向けのサービスを手厚くすることで、ユーザーの囲い込みと他社からの乗り換えを促す。

auは毎月5GBの増量に加え、データ料から最大1年間わたり毎月1000円を割り引く。新規の場合は家族も割引となる。

一方、ソフトバンクもauの発表前に25歳以下の契約者を対象に、3年間にわたり毎月3GB増量すると発表したが、その後auに対抗して無料データ容量を同6GBに引き上げた。

条件によっては基本使用料の割引が選べるほか、家族も毎月3GBの増量サービスなどが受けられる。

*内容を追加しました。

 

(志田義寧)

人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。