市場心理は実態以上の不安感に囚われている

売られすぎが売られすぎを呼ぶ過剰反応

北朝鮮の核実験でも円高に振れる地合いは、為替市場が「リスク回避のための円高」病にとらわれているためだろう。北朝鮮に地理的に近い日本円を買って、北朝鮮から遠い米ドルやユーロを売る、というのは、あるべき姿のまったく逆だ。きっと富士山が噴火しても、直下型地震で東京が壊滅しても、「リスク回避のための円高」として円が買われるのだろう。

短期的には売られすぎが進むリスクも

このように、現在は「日本株は売られすぎ、円は買われすぎ」だが、いずれ修正が入り、年央に向けて株高基調へと移行しよう。ただし、過去の相場をみれば、売られすぎがさらに売られすぎになり、もっと売られすぎになってしまうことは、しばしばある。

東洋経済オンラインには2014年7月から寄稿させていただいている。市場の行きすぎという点で思い起こすのは、今回とは値動きが逆になるが2015年8月上旬にかけての国内株の買われすぎだ。筆者は5月頃から危険信号を見出し、日経平均株価が1万8000円を割り込むリスクを何度も述べたが、実際の日経平均は、ザラ場ベースで8月11日に2万0946.93円で2度目の高値をつけた。すなわち、買われすぎがさらに買われすぎになる現象が起こった。この5月から8月初は、筆者の見立てが外れ、読者の皆様からお叱りを多々頂戴した。しかしその後、国内株価は大きく調整した。

株価下落後、今度は国内株価が売られすぎに転じたと8月下旬から述べた。ところが売られすぎはさらに売られすぎとなり、株価底入れは9月29日までずれ込んだ。どうも筆者は、売られすぎ、買われすぎの判定が早すぎるようだ。現局面も、目先はまだ売られすぎが進む恐れが残る。年初来6日以上の連続下落記録の可能性も高い。先週は、日経平均のザラバ高値からザラバ安値までの値幅は1441円もあった。今週(1月12日~15日)は、それより小さくなると見込むが、日経平均のレンジ(ザラバ安値からザラバ高値まで)は1万7000円~1万8000円と、広めに予想する。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。