京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地

日本企業の携帯端末事業が息を吹き返しつつあります。

日本勢はスマホ時代を迎え、苦しい戦いを強いられてきましたが、京セラとソニーの2020年度の携帯端末事業は採算性が向上し、いずれも大幅に利益を伸ばしました。

多額の設備投資で大量に販売するアップルのiPhoneなどとは正面衝突しないで、特定用途に特化することで
コアなファンをつかむ路線を歩んでいます。

中でも特徴的な京セラのスマホ「トルク」の差別化戦略を追いました。

▼チャンネル登録はこちらより
https://www.youtube.com/channel/UCN36kFB7Lh4tptI4rsy5vFw

▼東洋経済オンラインで配信した元記事はこちら
https://toyokeizai.net/articles/-/426156

出演:中島未麗歌(東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーター)
サムネイルデザイン:駒井佐和子(東洋経済新報社 メディア開発部)
サムネイル写真撮影:今井康一

東洋経済オンライン
チャンネル登録者数 5930人

東洋経済オンラインの公式YouTubeチャンネルです。日本最大級のビジネスニュースサイト「東洋経済オンライン」より、経済ニュース・ビジネス情報・就活などに役立つ情報を動画でお届けします!