Ozan Varol(オザン ヴァロル)
ロケット科学者、現ルイス・アンド・クラーク・カレッジ法学教授

イスタンブール生まれ。渡米し、コーネル大学で天体物理学を専攻。2003年前述のNASAのマーズ・エクスプロレーション・ローバー・プロジェクトで活躍。ロケット科学者としてNASA火星探査車プロジェクトのオペレーション・チームに参加。ルイス・アンド・クラーク・カレッジ法学教授となり受賞歴あり。

ウォール・ストリート・ジャーナル、ニューズウィーク、BBC、タイム、CNN、ワシントン・ポストなどで執筆多数。著書に『The Democratic Coup d’État(民主的クーデター)』(オックスフォード大学出版局)。ozanvarol.comに毎週ブログを投稿。講演家としてさまざまな規模の聴講者を対象に基調講演などを行っている。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT