鶴田 豊和(つるたとよかず) Toyokazu Tsuruta
行動心理コンサルタント

一般社団法人本質力開発協会代表理事。情熱発見ツール「パッションテスト」の日本初の指導者。無名の中小企業で仕事が合わず、うつ状態のときにさまざまな自己分析の末に自分の情熱を見つけ、マイクロソフトに正社員として入社。同社の人事として、数千名の面接経験を持つ。その後独立し、行動心理メソッド「エッセンシャルコード」を普及。講演家としても国内外で活躍。主な著書に『「つまらない」がなくなる本』『「めんどくさい」がなくなる本」

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT