内定競争倍率「高い50社、低い50社」はどこか

明治の競争倍率は2750倍!食品や化学が高い

ほかには、化学メーカーが高い。中でも帝人(10位、303倍)やクラレ(18位、250倍)、東レ(25位、213倍)などの繊維系の存在が光る。テレビCMなどによる露出の高さも、応募者を集めた要因のひとつと考えてよさそうだ。

マスコミも学生人気の高い業種だ。テレビ局からは、東海テレビ放送(28位、192倍)と讀賣テレビ放送(32位、181倍で技術系含む)の2社がランクインした。ちなみに、キー局5社は、集計対象外(算出不可4社・回答拒否1社)のため名前は見当たらないが、実際の倍率は相当なものだろうといわれる。

続いて、低倍率ランキングを見ていこう。

次ページ続いて低倍率50社!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。