あのビバホームを買収!ホームセンター下克上

LIXILから1000億円で買う、新潟企業の正体

前述したように、ホームセンター業界は目下、コロナ禍の余波で久方ぶりの絶好調に沸いている。なかでもアークランドサカモトは、5月の既存店売上高が前年同月比21・1%増と好調ぶりが際立つ。「戦略的にマスク調達に動いたことなどが集客につながった」(志田取締役)ことに加え、超大型店ゆえに“3密”を避けられることなども後押ししたもようだ。

各社は現在の活況を一時的と捉えつつも、「”StayHome”のライフスタイルが根づけば、DIYや園芸、ペット用品の需要は増えてくる」と希望を捨てていない。実は今回のLIXILビバの買収を巡っては、入札に複数社が参加したという。しかし、業界大手ほど出店エリアの重複を考えると、高値での買収に踏み切れなかったという事情もあったとされる。

地方のホームセンターや大手流通も巻き込むか

アークランドサカモトは生き残りをかけて、1000億円超えの買収に踏み切ったが、代償も小さくない。利益剰余金600億円を有し実質無借金経営を続けてきたが、買収資金として銀行から1000億円を借り入れることで、財務体質はかなり毀損する。買収完了後はLIXILビバと共同持ち株会社を設立、より具体的な成長戦略を練ることになる。小が大をのみ込む買収だけに、企業文化をすり合わせるだけでも一苦労だろう。

2019年8月にオープンした関東初進出となる「ムサシ」久喜菖蒲店(埼玉県)は駐車場1400台を備える超大型店(写真:アークランドサカモト)

長らく凪状態が続いてきたホームセンター業界だが、今回のアークランドサカモトによる大型買収劇が、再々編の新たな火種となってもおかしくない。地方の中小ホームセンターの淘汰がじわりと進むほか、イオンのような大手流通企業や大和ハウス工業なども、ホームセンター業態を展開している。今後台風の目となってくるのは、ずばり、オーナー系の中堅企業になるだろう。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ後を生き抜く
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。