小島秀夫は世界のエンタメをどう変えるのか

クリエイターを取り巻く環境は激変した<下>

コジマプロダクションはゲームクリエイター小島秀夫が率いるクリエイティブスタジオ。「From Sapiens to Ludens(「人類」から「遊ぶ人」へ)」をスローガンとして、2015年12月、東京にて発足。現在、最新作「DEATH STRANDING(デス・ストランディング)」をソニーインタラクティブエンタテインメントと連携して制作中。世界中のルーデンスにいまだ誰も体験したことのない「遊び」を届けることを信念としている(撮影:梅谷秀司)

テクノロジーも進化してグラフィックも映画並みになり、顔のシワや、目の色、髪の毛などのディテールも表現できるようになりました。キャラクターは記号ではなく、人種、民族、年齢、性差などの個性を持つようになりました。思想や宗教、世界観もグラフィックで伝えられるようになりました。でも、ゲーム性の根本はずっと変わらない。向こうから攻撃してきた敵を倒す、という原理は変わっていないのです。そこから次のゲームのレベルに進むことがいまだにできていない。これは大きな課題だと思います。

次の新作「DEATH STRANDING」で、その課題に対するひとつの答えを出したいと思っています。

――ゲームの爽快感はシューティングにあるのでしょうか。

アクションゲームとシューティングの相性がいいのは事実です。アクションゲームのすごいところは、多くの説明をしなくても、画面の中のプレーヤー(人物の場合も、乗り物の場合もあります)を自分の分身として直感的に認識させることができることです。コントローラーの操作で、画面の中の自分の分身が動く。特にFPS(ファースト・パーソン・シューティングゲーム)やVRとの相性がいいのです。映っている映像が、そのまま自分の見ている視界であるからです。

シューティングゲームの背後にあるのは「向こうが撃ってきたから撃ち返す」「やられたらやり返す」という行動原理です。なぜ敵を倒さなければならないのか、自分の行動は正しいのかどうか、という問いかけを立てたとしても、爽快感に負けてしまう。

このことをつねに考えなければ、ゲームは今のままです。現実にはできないことをリアルに体験できるのがゲームです。そこには「やってはいけないこと」も含まれます。それを疑似体験することで、なぜやってはいけないのか、なぜできないのかを考えさせるところまで、ユーザーを連れていかなければならない。小説や映画は、まさにそういう機能を持ったメディアです。ゲームにもそれは可能だし、そうならなければならないはずです。

「専用ゲーム機」はなくなる

――ゲームプラットフォームはどう変化していきますか。

近い将来、間違いなく「専用ゲーム機」という形態はなくなるでしょう。プラットフォーム自体がバーチャルなものになり、スマートフォンやタブレット、PC、大型のモニターやテレビを問わず、すべての端末に「ゲーム」を飛ばしてくれるようになるでしょう。そこまでいくと、もうゲームという言葉ではくくれない別の業態になっているかもしれない。ゲーム制作で培った「ゲーム性」がナビゲーションや、サービス、介護や教育などとつながって生活に密着していくでしょう。

次ページAIの時代になっても必要なもの
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング