家に「寝に帰るだけ」の人は成功できない!

数千人の成功者の家を見てきた建築士が語る

反対に、なかなか現状を抜け出せない人がやりがちなのが、「また、今日も徹夜しちゃったよ」「もう、2日くらい寝ていないかも」などと、まるで寝ないで働くのががんばっている証拠とばかりに、睡眠を削ることです。

「良質な睡眠をとる」、この当たり前のことが、できていない人がとても多いのです。

幸せに成功している人ほど、睡眠の大切さを知っています。良質な睡眠は、肉体的な疲れだけでなく、脳の疲労も回復させます。疲れを蓄積させることなく、翌朝スッキリ目覚めれば、気持ちが前向きになって集中力が高まり、パフォーマンスを最大限に発揮することができるのです。

2.ひとりになれる場所を確保する

忙しさややるべきことに追われて、いつも頭の中がいっぱい。とても、ひとりでゆっくりするなんて、なかなかできないという人が多いかもしれません。

しかし、忙しいときこそ、また、大きな課題が目の前にあるときこそ、しっかりと自分と向き合う場所と時間を確保することが大切です。

成功者は、ほかの用事で予定が埋め尽くされる前に、必ず先に、自分ひとりになれる場所と時間を確保します。そして、現在の状況や自分のやりたいことをしっかりと確認し、実現するためにはどうするべきか、ひとりになってで考えるのです。

日々のやるべきことに集中するのは、価値あることです。しかし、大きな課題を解決するためには、立ち止まって別の視点から見ることも必要です。また、つねに「これから先にどうしたいか」を頭の隅に置くことで、目指すゴールを見失わずに進むことができるのです。

自分専用の部屋をわざわざつくらなくても大丈夫です。自宅であれば、キッチンのテーブルや、パソコンデスクでもいいでしょう。夜の9~0時までなどと時間を決めて、自分だけで使うようにします。

オフィスにいる間でも、特定の曜日の特定の時間帯には、打ち合わせなどを入れず、電話も取り次がないようにしている人もいます。

次ページ成功者の多くは、自慢したい場所がある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。