エコカー向け有望のパワー半導体、昭和電工がSiCウエハを増強

エコカー向け有望のパワー半導体、昭和電工がSiCウエハを増強

半導体の基板材料として知られるシリコンウエハ。地球上に存在する元素の中で酸素に次いで多いシリコン(Si)を磨き上げるこの材料は、あらゆる半導体に使われている。

ただ、自動車や鉄道車両、産業機器、家電製品などの電力制御用として、今後の需要拡大が期待される「パワー半導体」においては、新たな素材が存在感を増しつつある。炭化シリコン(SiC)を用いるSiCエピタキシャルウエハ(=写真=)がそれだ。

日本勢のうちこの分野の大手が、総合化学メーカーの昭和電工である。昭和電工は8月末、4インチ径SiCエピタキシャルウエハの生産能力を従来の2.5倍に当たる月産1500枚まで増強した。

SiC系ウエハを用いるパワー半導体は、Si系に比べ高電圧大電流に耐え、高温環境下でも動作する。「演算」や「記憶」といった働きをするLSI(大規模集積回路)などの半導体と違って、交流を直流にしたり、電圧を変動させたりといった電源(電力)の制御や供給を行う働きを持つパワー半導体に適した性能だという。

SiCパワー半導体は、とくにモーターの回転制御などに用いられるインバーター(直流電力を交流電力に変換する装置)向けに大きな需要が期待されている。すでに一部家電製品や新エネルギー分散電源での実用化や地下鉄車両への試験搭載が始まっており、今後は電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)などエコカーへの搭載も進むと想定されている。

昭和電工は設備増設と生産技術の向上によって、今回の能力増強を果たした。今後は口径の大型化などを目指していく方針だ。

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT