日本ゼオンがカメラレンズ用の新材料

スマホをもっと薄く

スマホをもっと薄く--日本ゼオンがカメラレンズ用の新材料

もっと薄く、軽く、小さく--。

世界的に需要が拡大するスマートフォンやタブレット端末。中でもスマホは端末をさらに小型・軽量・薄型化しようとする動きが進んでいる。部品や材料系メーカーもスマホメーカーの要望に応えようと、関連する技術開発が活発だ。

その一つとして化学メーカーの日本ゼオンが新しい材料を開発した。9月からサンプル配布を始める透明樹脂「ZEONEX K26R」である。

ZEONEXは携帯電話用カメラレンズ用に実績を持つプラスチック。正式には「熱可塑性透明樹脂シクロオレフィンポリマー」の一種で、日本ゼオンは熱可塑性透明樹脂シクロオレフィンポリマーを、液晶パネル用の光学フィルムやプリンター、スマホ、デジカメ、医療検査機器といった光学用途などに展開している。

今回、新たに開発した新グレードの「K26R」はスマホ用カメラ向けに技術改良を行い、従来品と比べてレンズの厚みを半分程度に薄くしても、同等の性能を確保できるようにしたという。日本ゼオンは9月より「K26R」のサンプル配布を始める。2014年度には売上高10億円以上を目指す。

スマホの薄型・小型化をテーマとした部品、材料としては、旭化成も7月に、方位磁石と同様の役割を果たす電子部品である「電子コンパス」を小型・薄肉化した新製品を発表。こうした部品、材料メーカーの技術が積み重なって、スマホはまだまだ薄く、小さく、軽くなっていきそうだ。

(写真は新開発の樹脂で試作したレンズ)

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。