日本ゼオンがカメラレンズ用の新材料

スマホをもっと薄く

スマホをもっと薄く--日本ゼオンがカメラレンズ用の新材料

もっと薄く、軽く、小さく--。

世界的に需要が拡大するスマートフォンやタブレット端末。中でもスマホは端末をさらに小型・軽量・薄型化しようとする動きが進んでいる。部品や材料系メーカーもスマホメーカーの要望に応えようと、関連する技術開発が活発だ。

その一つとして化学メーカーの日本ゼオンが新しい材料を開発した。9月からサンプル配布を始める透明樹脂「ZEONEX K26R」である。

ZEONEXは携帯電話用カメラレンズ用に実績を持つプラスチック。正式には「熱可塑性透明樹脂シクロオレフィンポリマー」の一種で、日本ゼオンは熱可塑性透明樹脂シクロオレフィンポリマーを、液晶パネル用の光学フィルムやプリンター、スマホ、デジカメ、医療検査機器といった光学用途などに展開している。

今回、新たに開発した新グレードの「K26R」はスマホ用カメラ向けに技術改良を行い、従来品と比べてレンズの厚みを半分程度に薄くしても、同等の性能を確保できるようにしたという。日本ゼオンは9月より「K26R」のサンプル配布を始める。2014年度には売上高10億円以上を目指す。

スマホの薄型・小型化をテーマとした部品、材料としては、旭化成も7月に、方位磁石と同様の役割を果たす電子部品である「電子コンパス」を小型・薄肉化した新製品を発表。こうした部品、材料メーカーの技術が積み重なって、スマホはまだまだ薄く、小さく、軽くなっていきそうだ。

(写真は新開発の樹脂で試作したレンズ)

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT