フィリピン、アジアインフラ投資銀に参加へ

「既存の国際機関の機能を補完するものだ」

 12月30日、フィリピンのセサール・プリシマ財務相(写真)は、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)に参加する意向を表明した。2010年7月撮影(2015年 ロイター/Cheryl Ravelo)

[マニラ 30日 ロイター] - フィリピンのセサール・プリシマ財務相は、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)に参加する意向を表明した。プリシマ財務相は声明で、AIIBは「経済成長の加速において、既存の国際機関の機能を補完するものだ」と指摘した。

「同行は投資ニーズに対処し、多くの国で資金不足の解消に貢献する前途有望な機関だ」と述べた。

AIIBは来年初めに開業する予定。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。