フィリピン、アジアインフラ投資銀に参加へ

「既存の国際機関の機能を補完するものだ」

 12月30日、フィリピンのセサール・プリシマ財務相(写真)は、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)に参加する意向を表明した。2010年7月撮影(2015年 ロイター/Cheryl Ravelo)

[マニラ 30日 ロイター] - フィリピンのセサール・プリシマ財務相は、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)に参加する意向を表明した。プリシマ財務相は声明で、AIIBは「経済成長の加速において、既存の国際機関の機能を補完するものだ」と指摘した。

「同行は投資ニーズに対処し、多くの国で資金不足の解消に貢献する前途有望な機関だ」と述べた。

AIIBは来年初めに開業する予定。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT