フィリピン、アジアインフラ投資銀に参加へ

「既存の国際機関の機能を補完するものだ」

 12月30日、フィリピンのセサール・プリシマ財務相(写真)は、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)に参加する意向を表明した。2010年7月撮影(2015年 ロイター/Cheryl Ravelo)

[マニラ 30日 ロイター] - フィリピンのセサール・プリシマ財務相は、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)に参加する意向を表明した。プリシマ財務相は声明で、AIIBは「経済成長の加速において、既存の国際機関の機能を補完するものだ」と指摘した。

「同行は投資ニーズに対処し、多くの国で資金不足の解消に貢献する前途有望な機関だ」と述べた。

AIIBは来年初めに開業する予定。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。