安倍首相、韓国大統領と電話会談し合意確認

慰安婦問題で最終解決

 12月28日、安倍晋三首相(写真)は韓国の朴槿恵大統領と電話で会談したことを明らかにし、日韓外相会談で慰安婦問題について合意した点について、両首脳間でも確認したと述べた。11月撮影(2015年 ロイター/Song Kyung-Seok/Pool)

[東京 28日 ロイター] - 安倍晋三首相は28日夕、韓国の朴槿恵大統領と電話で会談したことを明らかにし、日韓外相会談で慰安婦問題について合意した点について、両首脳間でも確認したと述べた。首相官邸で記者団に語った。

安倍首相は、慰安婦問題で日本の歴代内閣が表明してきた反省とおわびの気持ちは揺るぎないと強調。同時にこの問題で子や孫、その先の世代に謝罪をし続けるような宿命を負わせないということで、今回の合意に至ったと述べた。

その上で安倍首相は、日本と韓国は、新しい時代を切り開くことになったとの見解を示した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT