安倍首相、韓国大統領と電話会談し合意確認

慰安婦問題で最終解決

 12月28日、安倍晋三首相(写真)は韓国の朴槿恵大統領と電話で会談したことを明らかにし、日韓外相会談で慰安婦問題について合意した点について、両首脳間でも確認したと述べた。11月撮影(2015年 ロイター/Song Kyung-Seok/Pool)

[東京 28日 ロイター] - 安倍晋三首相は28日夕、韓国の朴槿恵大統領と電話で会談したことを明らかにし、日韓外相会談で慰安婦問題について合意した点について、両首脳間でも確認したと述べた。首相官邸で記者団に語った。

安倍首相は、慰安婦問題で日本の歴代内閣が表明してきた反省とおわびの気持ちは揺るぎないと強調。同時にこの問題で子や孫、その先の世代に謝罪をし続けるような宿命を負わせないということで、今回の合意に至ったと述べた。

その上で安倍首相は、日本と韓国は、新しい時代を切り開くことになったとの見解を示した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。