安倍首相、韓国大統領と電話会談し合意確認

慰安婦問題で最終解決

 12月28日、安倍晋三首相(写真)は韓国の朴槿恵大統領と電話で会談したことを明らかにし、日韓外相会談で慰安婦問題について合意した点について、両首脳間でも確認したと述べた。11月撮影(2015年 ロイター/Song Kyung-Seok/Pool)

[東京 28日 ロイター] - 安倍晋三首相は28日夕、韓国の朴槿恵大統領と電話で会談したことを明らかにし、日韓外相会談で慰安婦問題について合意した点について、両首脳間でも確認したと述べた。首相官邸で記者団に語った。

安倍首相は、慰安婦問題で日本の歴代内閣が表明してきた反省とおわびの気持ちは揺るぎないと強調。同時にこの問題で子や孫、その先の世代に謝罪をし続けるような宿命を負わせないということで、今回の合意に至ったと述べた。

その上で安倍首相は、日本と韓国は、新しい時代を切り開くことになったとの見解を示した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT