ソフトバンクの太陽光発電事業に「安心感を与える」三井物産、鳥取でメガソーラー始動

 また、当該干拓地が中海の干拓、淡水化事業で40年ほど前に農地として作られながら、減反政策の強化により一度も利用されていない土地であることについて「未利用地がこうした形で有効利用されることは経済の活性化につながる」との考えを示した。

一方、三井物産の飯島社長は「今後第2弾、第3弾があるかどうかは、一定の規模とわれわれが機能提供をする余地があるかどうかにかかっている。今回はプロジェクトファイナンスの組成という機能を提供できた。あまり大きくなく、機能提供の必要がなければSBエナジーは単独でやるだろう」と言う。

加えて「今日のエネルギーのベストミックスを考えると、再生可能エネルギーのシェアをある程度増やさなければならない。条件に合う案件があれば取り組んでいく」と積極的な姿勢を示した。

◆三井物産の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。