リクルート社長「株式上場で世界一を狙う」 峰岸真澄・リクルート社長

拡大
縮小

 --情報誌からネットへの移行が進んでいます。

インターネットの変遷を見ると、初めはヤフーなどのポータル(玄関)サイトが主導権を握りました。利用者はまず、ポータルを訪れて情報を選んでいたのですが、その後、検索エンジンのグーグルの時代が到来します。検索に引っ掛かるためにホームページやブログが一斉に増え、やがてポータルが素通りされるようになりました。

グーグルが世界を制覇するのではないかと言われる中、今度はフェイスブックやツイッターといった、SNS(交流サイト)が台頭してきました。こうした一連の流れを考えると、いずれフェイスブックを凌駕するものが現れるはずです。

ネットの集客は自前ではやらない

私たちも“ポータル戦争”が繰り広げられていた1999年に、「ISIZE(イサイズ)」で参入しましたが、結果としてそこで勝負をせずに正解だったと思っています。

リクルートの使命は、どれだけ人を集めるかではなく、生活者、消費者と企業を結び付ける、「マッチングプレーヤー」としての役割を担うことです。よい就職ができた、よい人材を獲得できたと、双方に満足いただけるサービスをいかに提供していくかに重点を置いています。

したがって、集客の仕組みは自前で持つ必要はありません。ヤフーやグーグルなどに広告費を払い、そこから私たちのサイトに来てもらえばいいのです。実際、両社にとって、リクルートは日本でトップクラスの広告主です。

--IT化へはどのように対応していきますか。

海外展開とともにIT化は今後の大きな課題として認識しています。特に、スマートフォン、ビッグデータ、クラウドにどう対応していくかが重要になると考えています。法人顧客には本業に集中していただきたい。そのために、私たちがIT化でお手伝いをし、顧客の業務プロセスを軽減していく。

■■週刊東洋経済■■ - ≫≫詳細・お求めはこちら!
週刊東洋経済の詳細はこちら
次ページ美容院を例にすると・・・
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT