中国市場減速を跳ね返し、成長するニッポンの建機

景気を映す鏡といわれる建設機械の需要。昨年来、中国市場の減速ばかりが取りざたされているが、実際は中国以外の市場が中国の落ち込み以上に伸びている。国内建機メーカーの出荷金額は、2013年度まで順調に増加していく見通しだ。

日本建設機械工業会(建機工)は8月23日、12~13年度の建設機械需要予測を発表した。同工業会は毎年1月と7月に正会員である建機メーカー68社を対象に出荷金額のアンケートを行い、それに基づいて集計した需要予測を2月と8月に発表している。

今回の予測によると、国内向けと輸出を合わせた12年度の建機出荷金額は、前年度比10%増の2兆2672億円に拡大する見込み。2月の前回予測である、2兆2237億円からは若干の上方修正となった。加えて今回初めて発表した13年度の出荷金額予測は2兆4767億円と、12年度からさらに9%増え、直近ピークで過去最高を記録した07年度の2兆4426億円に迫る。

12~13年度の牽引役となるとみられるのは、震災の復旧・復興需要が本格化する国内だ。建機工の予測では、12年度の国内出荷金額は6666億円(前年度比18%増)、13年度は7279億円(同9%増)。これまではがれき処理用に油圧ショベルやダンプトラック、リサイクル機械(木材粉砕機など)が多く使われたが、今後は高台の造成や街づくりなどにブルドーザーや建設用クレーンなどさまざまな機械が必要になる。

同日、都内で開いた会見で、建機工の竹内紀行会長(キャタピラージャパン社長)は「復旧・復興需要がそろそろ本格的に出てきそうだ。今後3~4年はいろいろな機械の需要が増えるだろう」と話した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT