惨事の村は立ち上がった

台湾大水害から3年

 

 

文化・伝統の継承にも力を注ぐ

こうした産業再生の取り組みだけでなく、村民は子どもたちも取り戻そうとしている。今年2月にあった村の行事では、被災後に生まれた新生児が30人以上集まった。せっけん工房の隅にはベビーベッドが置かれ、小さな赤ん坊が忙しく立ち働く母親を眺めている。ここでは、皆で子どもの世話を手伝っているのだ。

水害では子どもも多く亡くなった。高齢出産となる年齢でありながら、子どもを産みたいという女性も多い。36歳になる蔡さんも、今年、発展協会の理事長職を辞めたら、結婚し早く子どもを産むつもりだ。

生活全般にも活気が出てきた。夜になると、昼間の工房での仕事を終えた若者たちが、活動センターに集まってくる。踊りの練習をするためだ。仮設住宅に住んでいた頃、何もしないのはよくないと、自らが属する少数民族の踊りの再興を始めた。高齢者だけのものだった伝統の踊りが、世代を超えて伝わり出している。

今年、村民から成る舞踏団が、台湾各地をボランティア公演して回る感謝の旅を始めた。たくさんの人が助けてくれた。自分たちが再び立ち上がったことを舞台の上から知らせることで、感謝の気持ちを伝えたいと願ってのことだ。

ある村民はこう語る。「山を敬い恐れ、風雨を敬い恐れる。天地の運行の道理は、人類が変えられるものではない。それに勝とうと思ってはならない」。人類は、いかにして山や水、宇宙の万物と付き合っていくのか。いくら学んでも極めることのできない永遠の課題である。

(台湾『今周刊』No.814/鄭淳予記者、辛曉キン研究員 =週刊東洋経済2012年8月25日特大号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT