コンプガチャ規制に揺れるグリー、連続増益記録に暗雲

“ネット業界の雄”が、成長の曲がり角

 

同日発表された決算では、前期実績は、売上高1582億円(前々期比2.4倍)、営業利益827億円(同2.6倍)だった。実は、直近の12年4~6月期(第4四半期)は、第3四半期(12年1~3月期)実績に比べ、売上高で13%、営業利益で23%減少した。

これにはコンプガチャの影響も含まれるが、事業の勢いそのものに陰りが出ている可能性もある。競合のディー・エヌ・エー(DeNA)も、4月以降、ゲーム内の仮想通貨消費が横ばいで推移している。

となれば、連続増益確保のカギは、海外事業の出来次第だ。が、会社は「具体的数値の実績や予想を開示出来ない」(秋山コーポレート本部本部長)。同日の記者会見では「われわれのサービスが全世界に受け入れられている」と田中社長は話し、海外事業の説明に多くの時間を割いたが、現状では、羊頭狗肉の感が否めない。

また、コンプガチャに続くガチャそのものへの規制が適用されれば、減益は必至だ。同社の突出する収益性を支えているガチャについては、ゲーム業界で批判もある。たとえば、任天堂の岩田聡社長は、前12年3月期決算説明会の場で、「構造的に射幸心を煽り、高額課金を誘発するガチャ課金型のビジネスは、仮に一時的に高い収益性が得られたとしても、お客様との関係が長続きするとは考えていないので、今後とも行うつもりはまったくない」と言及している。

田中社長は今後ガチャを続けるのかという質問に対して、「社会に広く受け入れられるのは大前提だが、福袋のようなくじ的な販売手法は世の中にあるので問題ない。コンプガチャのように社会から違うと言われれば、やり方をただす」として、当面止める考えはないことを示している。

(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。