コンプガチャ規制に揺れるグリー、連続増益記録に暗雲

“ネット業界の雄”が、成長の曲がり角

 

同日発表された決算では、前期実績は、売上高1582億円(前々期比2.4倍)、営業利益827億円(同2.6倍)だった。実は、直近の12年4~6月期(第4四半期)は、第3四半期(12年1~3月期)実績に比べ、売上高で13%、営業利益で23%減少した。

これにはコンプガチャの影響も含まれるが、事業の勢いそのものに陰りが出ている可能性もある。競合のディー・エヌ・エー(DeNA)も、4月以降、ゲーム内の仮想通貨消費が横ばいで推移している。

となれば、連続増益確保のカギは、海外事業の出来次第だ。が、会社は「具体的数値の実績や予想を開示出来ない」(秋山コーポレート本部本部長)。同日の記者会見では「われわれのサービスが全世界に受け入れられている」と田中社長は話し、海外事業の説明に多くの時間を割いたが、現状では、羊頭狗肉の感が否めない。

また、コンプガチャに続くガチャそのものへの規制が適用されれば、減益は必至だ。同社の突出する収益性を支えているガチャについては、ゲーム業界で批判もある。たとえば、任天堂の岩田聡社長は、前12年3月期決算説明会の場で、「構造的に射幸心を煽り、高額課金を誘発するガチャ課金型のビジネスは、仮に一時的に高い収益性が得られたとしても、お客様との関係が長続きするとは考えていないので、今後とも行うつもりはまったくない」と言及している。

田中社長は今後ガチャを続けるのかという質問に対して、「社会に広く受け入れられるのは大前提だが、福袋のようなくじ的な販売手法は世の中にあるので問題ない。コンプガチャのように社会から違うと言われれば、やり方をただす」として、当面止める考えはないことを示している。

(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT