ミス・ユニバースはフィリピン代表に栄冠 ドイツ系のウォルツバックさん(26歳)

拡大
縮小
 12月20日、米ラスベガスで開催された第64回ミス・ユニバース世界大会では、フィリピン代表のピア・アロンゾ・ウォルツバックさんが栄冠に輝いた(2015年 ロイター/Steve Marcus)

[20日 ロイター] - 第64回ミス・ユニバース世界大会が20日、米ラスベガスで開催され、フィリピン代表のピア・アロンゾ・ウォルツバックさん(26)が栄冠に輝いた。日本からは日本人の母と米国人の父を持つ宮本エリアナさんが出場し、10位以内に入った。

ウォルツバックさんは優勝について「若者たちのために声を上げていきたい。フィリピンでHIVなどに対する注意を喚起するため役に立ちたい」と語った。

ドイツ系フィリピン人のウォルツバックさんはドイツのシュトゥットガルト生まれで、フィリピン南部カガヤン・デ・オロ育ち。女優やモデルとして活躍している。

授賞式では、司会を務めた米コメディアンのスティーブ・ハーベイが優勝者を間違い、コロンビア代表のアリアドナ・グティエレス・アレバロさんの名前を読み上げてしまった。このため、昨年優勝者のコロンビア代表パウリナ・ベガさんが王冠をウォルツバックさんの頭に改めて乗せるというハプニングもあった。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT