外国人に超人気の「はとバス」ツアーとは?

バスに乗らず「歩く」珍コースも登場!

日本人向けのはとバスコースにはないが、外国人向けに設定されているのが、「ウォーキングツアー」だ。「バスに乗らなくてもできるツアーを」ということで、実験的に行っているという。

「いい内容であれば、バスを使わなくてもいい」という考えから設定した。外国人にとっては日本の複雑な鉄道網、とくに地下鉄網を体験してもらうことも観光であるという考えからの発想だ。

ウォーキングツアーでは、江戸東京博物館や築地場外市場をまわる「江戸・東京ウォーキング」、浅草や合羽橋をまわる「下町体験ウォーキング」から、日本の「萌え文化」の象徴である秋葉原のメイドカフェに行く「メイドカフェ&足湯ウォーキング」などのコースがある。「ウォーキングコースだと少人数で和気あいあいとしていて楽しい」と評価も上々だ。

「日本の文化を体験したいという要望が外国人のツアー参加者から寄せられており、今後は寿司作りなどの体験ツアーを行いたい」と、はとバスはいう。また、GPS案内システムのコースを増やし、多言語対応を行う予定だ。

日本の魅力を伝えるツアーを

画像を拡大
東京の魅力を外国人に紹介する大きなミッションを担っている(写真提供:はとバス)

1948年に創業したはとバスは、最初は東京観光に訪れた日本人を対象に始まった。それから次第に、東京在住者で東京周辺に興味を持つ人にも対象を広げ、英語によるツアーも早くから開催してきた。そして現在は外国人観光客に対象を広げ、多くの訪日外国人に日本の魅力を知ってもらうため、各種のコース展開に知恵を絞る。

元気がないといわれる日本。しかし、それでいてなお、日本そして東京周辺には魅力的なものが多い。その魅力にひかれ、多くの人が日本に集まる。

世界遺産になった富士山や日光、そしてアニメや萌え文化。世界の人々が興味・関心を抱くものは、日本には数多くある。そして2020年には東京オリンピックが開催される予定で、ますます外国人が訪れることになるだろう。

これからも日本の魅力、東京の魅力を世界に発信するために、はとバスの果たす役割は大きいはずだ。日本の魅力を世界にプレゼンテーションをするため、はとバスは創意工夫を凝らした各種ツアーの企画力に磨きを掛けていくだろう。
 

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。