売買代金首位、レバレッジ型投信の落とし穴

長期保有目的のNISA口座組み入れは要注意

あまりの人気ゆえに新規設定を一時停止した「日経レバ」。12月18日に再開した(撮影:尾形文繁)

「設定再開は喜ばしい」「一安心だが、その効果は疑問だな」……。

12月11日の夕方。ネット上では個人投資家によるさまざまなつぶやきが入り乱れた。同日17時30分、野村アセットマネジメントが「日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信(日経レバ)」の設定を、ほぼ2カ月ぶりに再開すると公表したからだ。

1銘柄で新興市場全体の売買代金を凌駕

日経レバは、株式市場で今、最もホットな銘柄だ。上表にあるように、2015年12月10日までの累計売買代金は、38兆円を超えた。2位トヨタ自動車の2.5倍に達し、新興市場(東証マザーズとジャスダック)全体の累計売買代金約36兆円をも凌駕する。

市場で圧倒的な存在感を示す銘柄だが、その歴史は浅い。2012年4月に上場した、ETF(指数連動型上場投資信託)の一つである。

ETFとは、ある指数に連動する投資成果を目指すファンド(投資信託)。日経レバは日々の騰落率が日経平均株価の騰落率の「2倍」となることを目指す。日経平均が2%上がった日は4%のリターン、3%下落した日は6%の損失となるようにする。

実際の運用は、日経レバの純資産の2倍に相当する、日経平均先物の買いポジションを持つ。その仕組みは右図のとおりだ。

たとえば純資産が100億円の場合、200億円相当の先物の買い持ちをする。翌日に日経平均が10%値上がりすると、先物も10%値上がりするので20億円の益が出て、純資産は120億円に増える。ここで、次の日も日経平均の2倍の騰落率を実現するには、先物は純資産の2倍、すなわち240億円相当にしておく必要がある。そのために20億円分を買い増す。

次ページ実際の運用成績は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT