日本での難民申請者数は5年連続で過去最高

トップ3国はネパール、トルコ、スリランカ

 12月16日、日本で難民申請をした外国人は10月末時点で6160人に上り、5年連続で過去最多を更新したことが分かった。写真は在留資格を求めてデモ行進する難民申請者。9月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 16日 ロイター] - 日本で難民申請をした外国人は10月末時点で6160人に上り、5年連続で過去最多を更新したことが分かった。法務省によると、昨年の申請者数は5000人だったが今年はすでにそれを大幅に上回っている。ビザの発行要件緩和や労働力不足を受け、日本に来る外国人が増えているという。

法務省では、増加の背景として、難民申請中は強制送還されないことや、申請の半年後から働けるように2010年に制度の運用を変えたことがあると分析している。

国籍別では、昨年はネパール、トルコ、スリランカ、ミャンマーの順に多かった。今年もこの傾向に大きな変化はないという。

難民支援協会の石川えり代表理事は、難民申請者が増えている背景として、ビザの発行要件が緩和されたため「日本に来るハードルが低くなっている」と述べた。

日本に来る外国人全体の数も増加を続けている。日本政府観光局が16日発表した11月の訪日外国人数は、前年比41.0%増の164万7600人で、11月としての過去最高を更新した。為替円安の継続で割安となった日本製品の買い物需要が拡大しているという。1―11月の累計では、過去最高だった2014年の1341万人をすでに上回り、前年比47.5%増の1769万4400人となった。

*写真のキャプションを修正しました。

 

 

(トム・ウィルソン、宮崎亜巳)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT