魔の三角地帯に眠る「幻の金貨」は本当だった 「消えたスペイン船」で10億円のお宝を発見!

印刷
A
A

しかし、1715スペイン財宝船団をめぐっては、いまだ200億円以上のお宝が海底に沈んでいるといわれている。その中で「最大のお宝」といわれているのが、「スペイン王の伝説の秘宝:ロイヤルコイン」である。

世界に50枚しかない伝説の金貨

スペイン王である、フェリペ5世。TBSテレビ『財宝伝説は本当だった バミューダ海400億円沈没船 パナマの秘宝 歴史的大発見SP』テレビ史上最大級の財宝発掘プロジェクト、その一部始終は、2016年1月3日(日)よる6時~放送

ロイヤルコインとは、当時のスペイン王たちのために作られた「世界にわずか50枚ほどしかない」伝説の金貨。1715財宝船団には、そのうちの20枚が、フェリペ5世の結婚を祝う贈答品として
積み込まれていた。その価値は、1枚1億円以上ともいわれる。

ほかの金貨に比べ、大きさや形状は比較にならないほどのクオリティで、トレジャーハンター界の中で、最も価値のあるお宝のひとつと言われている。

これまで引き上げられたのは、6枚。いまだ14枚のロイヤルコインが海底に眠る。

奇しくも2015年は、1715財宝船団が海底に沈んでちょうど300年目の年。果たして広大な海の底から、わずか数センチの金貨を見つけることは出来るのか?!

魔のバミューダトライアングル

1715スペイン財宝船団が沈む海は、世界でも名高い魔の海域、バミューダトライアングル地帯。米国の「フロリダ半島」「プエルトリコ」「バミューダ諸島」を結ぶ三角形の海域は、ハリケーンや気象の変化が激しく昔から多くの船が行方不明になった。1715船団もハリケーンによって海底に沈んだとされる。

世界でも名高い魔の海域、バミューダトライアングルでは数多くの船が行方不明に

そんな魔の海と戦いながら伝説の金貨の発見に挑む。

次ページ市原隼人が財宝を発掘?!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT