サムスンが女性活用で韓国の先頭に、社会を変えた李会長の決断

 

オーナーの鶴の一声で、営業や研究・技術といった「女人禁制」だった職種で女性の採用が始まった。さらに、男性と同じ業務と責任を与え、昇進・給与でも同じ待遇とすることにした。

こうした措置に、サムスン内部でも反発が少なくなかった。商業高校を卒業し、そろばんとコンピュータに精通した高卒女性社員が、大卒社員より低い給与で経理や庶務などを担当していた。それなのに、わざわざ大卒女性を採用する必要があるのか、という声が強まった。

サムスン電子で人事部長を務めた韓国人材戦略研究院のシン・ウォンドン代表は「女性は結婚、出産もあって、社会活動の制約が多いというのが一般的な認識だった。男性に比べると業務の成果が低いと考える傾向にあった」と振り返る。89年から3年間、サムスングループ会長秘書室チーム長だったヘラルドメディアのキ・ウェホ顧問は「李会長の強い意向で大卒女性を採用することにしたが、積極的に女性を採用するという部署や子会社がなく、半ば強制的に配置させたこともあった」と話す。

採用された女性はしだいに存在感を増すようになり、女性に対する固定観念は随分と崩れた。キ氏は「当時の社会的雰囲気や財界の現実を考えると、オーナーの決断力なくしては難しかった」と説明する。

サムスン電子では女性副社長が誕生

サムスンの動きをきっかけに、ほかの大企業も女性採用を拡大。韓国女性政策研究院のヤン・インスク研究員は「90年代前半に広がった大企業による女性採用は、熟練を要する職種に女性が進出する起爆剤となった」と指摘する。

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。