トランプ氏の英入国禁止のネット嘆願拡がる

3万5000人超が署名

 12月9日、米大統領選で共和党指名有力候補と目されるトランプ氏がイスラム教徒の米国入国禁止を提案したことを受け、3万5000人以上の英国人が同氏の入国を禁止するネット嘆願書に署名した。米ニューハンプシャー州で1日撮影(2015年 ロイター/Mark Kauzlarich)

[ロンドン 9日 ロイター] - 来年11月の次期米大統領選で共和党指名有力候補と目されるドナルド・トランプ氏がイスラム教徒の米国入国禁止を提案したことを受け、3万5000人以上の英国人がトランプ氏の同国入国を禁止するネット嘆願書に署名した。

9日未明までに3万5827人が署名し、その数はうなぎ上り。英政府は署名数が1万を超えた嘆願書にはすべて対応し、10万を超えた段階で議会での議案対象としている。

嘆願書の一部には「英国はこれまで幾度となくヘイトスピーチをした人物の入国を禁止してきた。英国が『容認できない振る舞い』の基準を同国への入国を希望する個人に対して引き続き適用する場合、その基準はその個人の経済その他の状態いかんに関わらず、公平に適用されなければならない」と書かれている。

英当局が「容認できない振る舞い」をしたと判定した人物に、実際に入国禁止措置を出すのは英内務省。過去には、英社会に暴動を誘発するような嫌悪を煽った人物に対し、入国拒否を複数回発動している。

英首相の報道官によれば、トランプ氏の発言についてキャメロン首相は「敵対的で、救いようがなく、単純に間違っている」と考えているという。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。