「男は仕事、女は家庭も」時代、離婚は加速する

なぜ女の「爆発」は40代半ばにやってくるのか

ところで、広瀬弁護士は「男は仕事、女は家庭」という既存の価値観の影響を強く受けていることを自覚しているそうだ。

結婚後、一旦は仕事を辞め専業主婦となったが、夫や大学の先輩が弁護士だったこともあり、司法試験の勉強を開始。弁護士になったとき、子どもは5歳と0歳。弁護士登録は2001年のことだった。

「切り替えが難しい」からこそ、家事事件を専門に

キャリアのスタート時に、2児を抱えての生活は、さぞ大変だったはずだ。夫婦の実家が盛岡ということもあり、親の援助もほとんどなかった。それでも広瀬弁護士は「家事育児は『私がやらなければならない』と考えていました。当時は夫の仕事の機会を失わせてはならないと感じていた。今はそのような考えは全くありませんが……」と話す。

午前11時から午後3時まで、知り合いの弁護士事務所で『ノキ弁(他の弁護士の事務所を間借りする軒先弁護士』として活動。仕事を終えると、子どもを塾やテニススクールに通わせる、という生活を5年ほど続けた。夜は自宅で仕事をしたが、下の子どもの世話もあり、ままならなかった。

そして、「子どもが小さいと仕事と家の切り替えが非常に難しい。家事事件を取り扱っていると、自分の生活とトーンがそれほど変わらず、切り替えが楽になる」と気付いたこともあり、次第に家事事件に強みをもつ弁護士としてキャリアを重ねるようになった。2008年に独立して事務所を構え、今に至っている。

離婚案件では、知り合いの弁護士から難易度の高い案件もまわってくるという。「子育ての経験は結構忘れますよ」と笑うが、これまでの葛藤のすべてを仕事に活かしている頼もしさが、依頼人からの信頼を得ているのだろう。

広瀬 めぐみ(ひろせ めぐみ)弁護士
家事調停官4年勤務の経験から家事事件に精通し、家事事件手続等につき弁護士会等で講師多数。専門家としての知識・見識と共に、依頼者から安心して任せてもらえる優しさを心がけている。一般民事事件も扱う。
事務所名:広瀬めぐみ法律事務所

 

弁護士ドットコムの関連記事
【嫁の法律相談】お義母さん、今日から他人です! 夫の死後、縁を切る魔法の書類
彼と同棲して2年ーーそれでも私が「内縁の妻」になれない理由
アダルトサイトで「10万円」請求ーー「ワンクリック詐欺」請求は無視していい?

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT