「男は仕事、女は家庭も」時代、離婚は加速する

なぜ女の「爆発」は40代半ばにやってくるのか

ところで、相手から「離婚したい」と言われたとき、何かできることはあるのだろうか?

「もう間に合わないことが多いと思います。例外はありますが、最終段階に入っていることが多いですから」

きっぱりと言い切った後、広瀬弁護士はこう続けた。

「ただ、それまでに相手からサインが出ているはずなのです。相手が悩んだり、苦しんでいる時、それを敏感にキャッチして軌道修正しなくてはならない。それが無理でも、相手が『離婚したい』と伝えてきた時に、真摯に向き合い話を聞く。そうすれば、修正の方向に持っていくことも絶対に無理とは言い切れません」

実際に、関係が修復されたケースが若干あるという。それは、離婚を突きつけられた側の夫が真摯に変わろうとしたケースだ。

相手の発するサインを見逃さないために

離婚を切り出された夫は、とりあえずすべて言われたとおりにした。妻に対する態度、子に対する態度、その全てを妻の要求どおりに受けいれ、その態度には真剣さが伴っていた。いったん離婚は回避されたが、その後の結果はまだ出ていない。

どちらか片方が、あるいは双方ともに不満を抱く関係を、「結婚」に縛られて継続することが100%正しいとは一概に言い切れない。かといって離婚は大きな損失を伴う。そもそも、離婚を切り出されないようにするには、どうすればいいのか。

「簡単なことの積み重ねが大切なだと思います。小さなことでも『ありがとう』と言ったり、月に1回は2人で出かけるとか。恋愛していた時期の甘いものを少しでも維持する努力をすること。

つまり、相手への関心を持ち続けることです。関心があれば、相手が発する『サイン』を見逃さずにすむ。熟年離婚に限らず、コミュニケーションが不足すれば、離婚の可能性は高くなっていきます」

次ページ2児を抱え弁護士になった、広瀬氏のケース
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT