センスのいい未経験者の中途採用も行っていく--エイチーム社長・林高生

センスのいい未経験者の中途採用も行っていく--エイチーム社長・林高生

「みんなで幸せになる会社にする」「今から100年続く会社にする」というのがエイチームの経営理念。その考えに賛同してくれる人材を積極的に採用していきたい。

ゲーム開発者を現在の100人から1年後には倍増の200人にするのが今の目標。大型の開発を複数走らせることができるようにしたい。そのために登録なしで自由に参加できる説明会「水9プロジェクト」など、独自の採用活動を強化している。

しかし、採用は簡単ではない。応募してくださる方は多いのだが、なかなか思いどおりの人材が集まってこない。われわれの募集方法にも問題があった。プログラミングの経験を持った人材を、経験を評価して中途採用するだけの方法だと、多様なバックグラウンドを持つ人材が集まらない。むしろプログラミングについては素人であっても、入社後に勉強してもらったほうがいい面もある。

3カ月間は勉強漬けに

そこで、経験者採用は続けつつも、センスのいい未経験者も採用することにした。採用試験でいくつかのテストを解いてもらい、問題解決能力や発想力を見る、という方法だ。新たに名古屋ルーセントタワーの36階の半分ほどを借りるが、ここにはセミナールームを設け、キャンプ形式で3カ月間、みっちりとプログラミングなどを教えていく。3カ月間は勉強することだけが仕事。その後に正式配属する、という流れを作り上げたい。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。