景気の先行指標、機械メーカーの実態とは?

スマホ鈍化、中国経済はどれほど深刻なのか

工作機械業界の決算は濃淡が出た。小型工作機械大手のツガミは、11月12日に2016年3月期の見通しを下方修正。売上高は前期比22%減の420億円、営業利益は同約6割減の30億円という厳しい数字になると発表した。

主因はスマホだ。2014年ごろから2015年の始めにかけて米アップルのiPhoneをはじめとしたスマホ部品を製造する、中国・アジアのEMS(電子機器の受託生産サービス)向けの受注が急拡大した。その特需が今年の上半期に止まった。特需の剥落はある程度見込んでいたが、他の業種向けで予想以上の景気減速の影響を受けているという。「(今年8月の)上海ショックの前から稼働率は悪化していた」(ツガミの西嶋尚生社長)。

一方、自動車や航空機向けの工作機械を多く手掛けるメーカーは、スマホ失速の影響が軽微なため、業績は堅調に推移。オークマは採算性が向上し、2015年度の通期営業利益を20億円増額した。牧野フライス製作所も上半期の業績は、期初の想定を上回った。国内で省エネ補助金などの政策効果があったことや、北米などの自動車や航空機向けの好調の要因となっている。

10月受注の急減が意味することとは?

日本工作機械工業会が発表する工作機械受注統計を見ても、スマホ関連を含む電気・精密向けが前年比で半減している一方、自動車向けや一般向けは堅調な動きを続けている。

ただ、気になるのは、10月の受注統計の数字。概ね100億~120億円前後で推移していたアジアの自動車向け受注が、59.5億円と急減した。「非常に落ちているのは驚いているが、9、10月辺りが中国ショックの影響を一番受けた月ではないか」と、日本工作機械工業会会長でもある花木義麿オークマ社長を見ている。

景気の影響を受け、一時的に案件が先送りになった可能性もあるが、来月以降の数字を確認する必要もあるだろう。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT