ホンダの伊東社長、“アロハシャツ”で環境戦略をアピール

ホンダの伊東社長、“アロハシャツ”で環境戦略をアピール

ホンダは20日午前、東京・青山の本社で環境への取り組み説明会を開催した。翌日には株主総会が開催されるというスケジュールの中、説明会には伊東孝紳社長も出席。ホンダの環境への取り組みの標語「Blue Skies For Our Children」のロゴが入ったアロハシャツを着ながら、環境への取り組みを改めて語った。

「これまでホンダは環境への取り組みを、成長のチャンスととらえてきた」。伊東社長が引き合いに出したのが、1972年に米国の当時の環境規制を初めてクリアした低公害エンジン「CVCCエンジン」。同エンジンは「シビック」に搭載され、ホンダの飛躍の礎を作った。「今後も環境に資する新技術に果敢にチャレンジしたい」(同)。伊東社長は3月埼玉県庁内に設置したソーラー水素ステーションを例に出し、「CO2だけでなく、水資源の削減や環境循環まで含めたトータルの取り組みを行う」と語った。

同日に発行した環境レポートでは、11年度、同社の製品から排出されるCO2の全世界平均値が、4輪車で00年比9・5%減、2輪車で同24・1%減だったことを公表した(20年の目標はそれぞれ00年比30%減)。また、自動車の製品ライフサイクルでは走行段階でのCO2排出量が8割超と高いことから、消費者がホンダ製品を使用する際に排出するCO2量をグローバルで算出し、業界で初めて開示した。

単に環境レポートを作成・開示するだけでなく、経営トップが自ら環境の取り組みや考え方を説明する。環境への取り組みは企業にとって不可欠なだけに、今後こうしたアプローチは増えてきそうだ。

◆ホンダの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

(並木厚憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT