アップルが地図サービスを刷新、グーグルと決別へ

アップルが地図サービスを刷新、グーグルと決別へ

6月11日から15日まで米アップルが開催した世界開発者会議(WWDC)。毎年初夏にサンフランシスコ市内で行うWWDCは、アップルが新しい製品の発表を行う場の一つで、昨年6月のWWDC基調講演では、病気療養中だった故スティーブ・ジョブズ氏がサプライズで登壇。姿を現した瞬間、会場内の5000人以上の参加者が一斉に立ち上がり、長いスタンディングオベーションで迎えた。

今回のWWDCでは、ポスト・ジョブズの難しい舵取りをそつなくこなし、新しいアップルの顔として定着したティム・クックCEOが難なくホスト役を務めた。発表内容は、事前予想の線に沿った手堅いもの。アイフォーンやアイパッドに用いるOSの最新バージョン「iOS6」のほか、パソコンの新OSや、新しいマックブックシリーズなどが明らかになった。

同社の中核製品であるアイフォーン新製品(4Sの後継機種)については言及がなかったものの、iOS6の提供が今年秋であり、その同じ時期に新アイフォーンが発売される見通しだ。つまり昨年の4Sと同様、10月になる可能性が高そうだ。

躍進するアンドロイド

そのアイフォーンの前に、強敵として立ちはだかっているのが、グーグルの「アンドロイド」だ。

アンドロイドは順調に出荷台数を伸ばしている。米IDCの調査によると1~3月の世界における出荷台数シェアは、アンドロイドが59%(前年同期は36・1%)に対し、アップルのiOSが23%(同18・3%)。サムスン、HTCなどが高速通信「LTE」への対応をいち早く進めるなどしたこともあり、アップルとの差を広げつつある。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。