民放5局の見逃し番組配信「TVer」が残念だ

100万ダウンロードも喜んでいられない

各局ともに、有料のオンデマンドサービスも行っているので、「無料で見せるなんてとんでもない!」という意見もあるかもしれないが、せっかくの見逃し配信の利点を使いこなせていない側面もある。

宣伝のチャンスを生かせていない

顕著なのは連続ドラマ。あらすじがわからないと、視聴者も離脱しやすくなる。全部を見せるのは無理だとしても、NHKの「5分でわかる『あさが来た!』」のように、短くてもあらすじを見せるような工夫をする方法もあるはずで、それを見て、面白そうだと食い付く視聴者も出てきて、結果的にはいい宣伝になりそうなものだ。

ラインナップに報道・ドキュメンタリーが1つも入っていないのもいかがなものかと思う。そうでなくとも、民放のドキュメンタリー番組は深夜の深い深い時間帯、みんなが寝静まった丑三つ時に放送されており、せっかくの労作なのに、もったいないったらありゃしない。そういう埋もれた番組に光を当てるいい機会とは、とらえていないようだ。ほかにも、過去の名番組枠などがあってもいいかもしれない。

TVerは、自分の見たい番組を登録(「マイリスト登録」)することができて、この登録数がわかるようになっている。たとえば、TBS系でヒットしているドラマ「下町ロケット」(TBS系)が約6万4000、「コウノドリ」約1万4000なのに対して、「結婚式の前日に」は約3700にとどまっている。

TBS以外の局でみると「遺産争族」(テレビ朝日系)は約5000、「オトナ女子」(フジテレビ系)が約7000、「偽装の夫婦」が約5500。なんとなく視聴率とも相関しているイメージで、これも一種の人気番組のバロメーターであり、視聴率に代わる新たな指標になる可能性も秘めている。

TVerは、番組名やタレント名を入れて検索するワード検索や、局別、ジャンル別(「ドラマ」「バラエティ」「アニメ」「報道・ドキュメンタリー」「スポーツ」「その他」)、放送日からの絞り込み検索も可能になっている。テレビ番組やタレントの話題、出演者の情報など、各ポータルサイトに飛び、注目記事が読めるようになるなど、テレビを見るうえで、便利な機能もある。

しかし、そんなことよりも、TVerの根幹である番組を充実してこそ、視聴者の支持も得られるというものだ。視聴者のためのサービスなのだから、局側都合で見せたいものを押し付けているように見えるのは、何とも残念である。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング