攻守をフル支援!福岡「起業カフェ」の挑戦

ここ1年で相談件数が4倍に急増した理由

気軽に起業相談ができる雰囲気だ。相談を受けるエグゼクティブ・コンシェルジュ藤見哲郎氏と起業家の平尾京子さん

2014 年5 月に、国家戦略特区「グローバル創業・雇用創出特区」に選定された福岡市。特区施策の一つとして、起業を目指す人が気軽に相談したり交流したりできる「スタートアップカフェ」がオープンしたのは今から約1年前、2014年10月のことだ。

これまでも市役所内に創業に関する相談窓口はあったが、カフェを開設後、寄せられる相談の件数は4倍以上に増加したという。福岡市からTSUTAYAが運営を受託している。

多様な相談に「常駐コンシェルジュ」が対応

繁華街天神地区にあり、会社帰りに訪れる人も多い

福岡・天神地区の幹線道路沿いにあり、書店にカフェを併設したスタイルの店舗としては、西日本最大級の規模であるTSUTAYA BOOK STORE TENJIN。ビジネス書や文具を販売している3階フロアの一角にあるのが、スタートアップカフェだ。

約100㎡のスペースに、テーブルやカウンター、ソファーなどを配した落ち着いた空間が広がる。同フロア内にある3万冊のビジネス関連の書籍や雑誌を持ち込むことができ、階下のカフェで買ったコーヒーを片手に打ち合わせもできる。そして、来場すると、「こんにちは」とすぐに声をかけてくれるのが、常駐するコンシェルジュだ。

「自分のビジネスアイデアを聞いてほしい」「資金調達のために事業計画を練りたい」……。訪れる人たちの相談内容は多岐にわたる。それぞれの話を聞き、アドバイスをするとともに、適切な事業パートナーや専門家に会わせるのが、コンシェルジュの腕の見せ所だ。

地元の投資ファンド、ドーガンに所属し、カフェのエグゼクティブ・コンシェルジュを務める藤見哲郎氏は「優れた起業家は、そういうチャンスをモノにしていくんです」と話す。

次ページ創業の「攻め」と「守り」をワンストップで
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。