音楽界に異変?「フォーク」人気が再燃のワケ

吉田拓郎や長渕剛だけではない

今、再燃する「フォーク」ブームの真相を探る(写真は、「JAPAN FOLK FESTIVAL」の様子)
フォークソングと聞いて、ひらめく歌はなんだろう。フォークシンガーと聞いて、思い出すのは誰だろう。吉田拓郎、南こうせつ、なごり雪、そう答えたあなたは、50代? 長渕剛なら40代? 30代以下にとっては過去の音楽……。
ひょっとしてこれらは思い込みかもしれない。フォークの担い手やファンが、今、大きく変化している。ちまたで起きている、静かに熱いフォークブームを探った。

そもそも、フォークとは何か

今年9月、台東区の隅田川沿いに設けられた特設ステージで「下町フォーク・フェスティバル」が開催された。プロ、アマ合わせて15組の「フォークシンガー」たちが集い、それぞれの「フォークソング」を熱く歌い上げた。それぞれ、と表現したのは、個々の楽曲が表現する世界観やメロディライン、詩のタッチがあまりに幅広く、一口に「フォーク」と言っていいのか迷うところがあったからだ。

スカイツリーを望む隅田川沿いで開催された「下町フォーク・フェスティバル」には、プロアマ含め、若手からベテランまで多くのフォークシンガーが登場した

「フォークソング」とは、もともと「民謡」を指す言葉だったが、そこから派生して、今では広い意味を持つようになった。1940年代のアメリカで、民衆の間で昔から親しまれていた民謡を演奏するプロミュージシャンの動きが台頭し、ほどなく、オリジナル曲も歌われるようになった。すると、当時の社会課題であった公民権運動や人種差別、戦争をなくそうというメッセージが込められるようになり、それを日本がまねた。

THE ALFEEの坂崎幸之助さんがTOKYO FMで語ったところによると「最初は訳して歌ったり、英語のまま歌ったりしてたんだけど、自分のメッセージを伝えていこうということで、日本語で自分たちの言葉で歌うようになった」という。それが1960年代の学生運動のころだ。

1970年代になると、日本のフォーク界に吉田拓郎という大ヒットメーカーが登場する。すると、フォークギターで情感たっぷりに歌い上げる内容も、社会的なものから、個人の心情や風景、愛などへと変わっていった。今、日本で「フォーク」と言っていちばんに思い起こすのは、この頃の歌い手や曲調だろう。したがって、「いわゆる」フォークファンは、1970~80年代に青春を過ごした、今の50~60代が多い。

次ページ新世代のフォークが登場
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT