ギリシャはユーロ離脱か残留か、繰り返される危機

リーマンショックとは違う

もし、ギリシャがユーロから離脱すれば、どうなるか。

TARGET2に対する債務は踏み倒され、これはECBに対する各国中央銀行の出資割合に応じて(ドイツが最大)、最終的には各国の国民の税負担となる。さらに、ギリシャ政府の国債もあるので、合計で3000億ユーロ、日本円で約30兆円が直接的な損失額となる。

ギリシャがユーロを離脱すれば、ポルトガルやスペイン、イタリアも後に続くのではないかという恐怖感が市場を覆うことは間違いない。各国の株式市場は急落し、欧州を中心に信用収縮は深刻化。さらにそれが実体経済に波及するおそれがある。

ギリシャのパパデモス前首相は、そうした影響まで含めるとギリシャ離脱の影響は5000億~1兆ユーロと強調し、EU各国に協力を働きかけている。これに近い額の打撃を予想するシンクタンクもある。

ただ、リーマンショックとの比較をすれば、大混乱の期間はより短期で、市場の落ち込みの度合いも大きくならない可能性が高い。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。