悩んでコケて挑戦して 哲人経営者、最後の勝負(下)

小林喜光 三菱ケミカルホールディングス社長

 


 「今やほとんどの企業が、健康と環境を掲げている。が、それだけでは足りない。本当の心地よさ=快適さを実現しなければならない。それが企業の持続可能性につながる」。たどり着いたコンセプトが「KAITEKI」だ。

小林にとって持続可能性の象徴の一つが「脱原発」である。「僕は放射線化学を専攻したから怖いんだよ。やはり制御できない。時間軸は必要だが、今までの延長線上でもの考えるのはやめるべきだろう」。小林は自然エネルギーを選択し、最終的にCO2をエネルギーに変える光合成の事業化を目指している。それは研究員時代に挫折したC1化学への再挑戦であり、放射線化学と隣接する「光」への回帰でもある。

それにしても、三菱グループには原発の恩恵に浴する企業が少なくない。にもかかわらず、の脱原発。伊藤忠商事会長の小林栄三が言う。「言葉と腹の中が一緒。計算して発言している感じはないよね」。

小林自身、思いを口に出すリスクは認識している。「ご苦労さんと思っているヤツはいっぱいいる。だけどオブラートに包んだようなことを言ったら、ものは進まないじゃないですか。時間がないんだよ。いいかげんなことを言ってる暇はない」。

自分の時間だけではない。この国に残された時間も多くはない。日本発のオリジナルな哲学で企業社会を励起し、産業構造を変え、この国の持続可能性を確立すること。社長になるはずのなかった“哲人”小林の、これが「本当の勝負」である。

「どんどん自分ってのがなくなるんですよ、不思議にね」。かつてシナイ半島の砂漠で受けた啓示。今、日本の企業社会に対して、小林自身があのときの黒いショールの女性、2匹の黒いヤギになろうとしているかのようでもある。=敬称略=


こばやし・よしみつ
最近の学生の就職観に大いに疑問を感じている。「でっかい企業に就職して生活を安定させたい、という思考でしょう。相変わらず、就職を就社と思っているんじゃないの。就職は会社ではなく事業に就職する、就業なんですよ。新しいものを切り開くチャレンジングな精神が薄れている。こういうことで日本の活力は大丈夫なのかなぁ」。

(武政秀明 撮影:山内信也 =週刊東洋経済2012年5月19日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT