悩んでコケて挑戦して 哲人経営者、最後の勝負(下)

小林喜光 三菱ケミカルホールディングス社長

 

言われるまでもない。小林は腹を固めた。三菱ケミカルHDの保守本流、エチレンセンターを軸とする石油化学部門の大整理である。

塩ビ樹脂、ポリスチレン原料、ABS樹脂--。不採算事業から軒並み撤退し、約150億円の赤字を解消した。従来、「連産品」(石油化学の一連の工程で同時に生成される製品群)のジレンマにとらわれ、「こっちで儲けるから、これは赤字でもいい」がまかり通っていた。そのジレンマを一刀両断に断ち切った。

大本のエチレンセンターについては、岡山・水島地区で隣接する旭化成と運営統合を09年夏に表明。ここまで踏み込んだのは業界で初めてだった。小林は相次ぐ災厄を逆手に取り、平時では考えられない大整理を一気呵成にやってのけたのである。

ただし、整理だけでは縮小均衡に陥る。小林のすごさは返す刀でM&Aを発動し、規模拡大を図ったことである。ターゲットは約4000億円の売り上げを持つ三菱レイヨンだ。

だが、統合交渉はTOB(株式公開買い付け)価格をめぐって暗礁に乗り上げた。当時、レイヨン社長だった鎌原正直(現三菱レイヨン取締役)が言う。「もうやめときましょう。そう言ったほうがよほど楽、という局面があった」。

小林が振り返る。「(双方が主張する価格は)これだけ離れている。足して2で割ればいいというわけでもないし」。決着したTOB価格は380円、総額で約2100億円。直前の株価に4割程度のプレミアムを乗せた。明言しないが小林が大きく譲ったのだろう。「僕は先を見たから。5年、10年先。いろいろあるが、これは進めるべきだ、と」。

譲歩で小林が得たものがある。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT