悩んでコケて挑戦して 哲人経営者、最後の勝負(上)

小林喜光 三菱ケミカルホールディングス社長

 

「出ていってやる!」 大赤字事業を抜本再建

留学を終えて東大に戻ると、研究室にはポストの空きがない。長男も誕生し、生きるためには民間企業の研究所でもいいか、と腹をくくった。自宅から通える距離にあったのが、三菱化成工業(現三菱化学)の溝の口研究所(川崎市)。一斉採用はとっくに終わっていた。赤いズボンを穿いて面接に行った。ダメもとの気持ちだったが、持参した論文が気に入られ、めでたく採用。74年12月、中央研究所研究開発室(後の理化研究所)に配属された。

ここでC1化学、褐炭液化の触媒の開発など、石油資源の枯渇をにらむ研究テーマに取り組む。文字どおり、企業の将来を担うエリートコースだが、10年経ってもビジネスに結び付く成果が上がらない。「せっかく生きようと思ったのに、成果もなく静かに死んでいくだけなのか。俺しかできないことを残したい」。=敬称略= <(中)に続く>

こばやし・よしみつ
最近の学生の就職観に大いに疑問を感じている。「でっかい企業に就職して生活を安定させたい、という思考でしょう。相変わらず、就職を就社と思っているんじゃないの。就職は会社ではなく事業に就職する、就業なんですよ。新しいものを切り開くチャレンジングな精神が薄れている。こういうことで日本の活力は大丈夫なのかなぁ」。

(武政秀明 撮影:山内信也 =週刊東洋経済2012年5月19日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT