大型「iPad Pro」、日米など主要国で11日発売

12.9インチの高精細ディスプレイを搭載

11月9日、米アップルは画面サイズが12.9インチと従来機種より大型の「iPad Pro」を11日からオンラインで販売すると発表した。サンフランシスコで9月撮影(2015年 ロイター/BECK DIEFENBACH)

[9日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は9日、画面サイズが12.9インチと従来機種より大型の「iPad Pro(アイパッドプロ) 」を11日からオンラインで販売すると発表した。店頭販売も今週末から始める。

価格は799ドル。専用のキーボードやスタイラスペンなども購入すると1000ドル程度になる。米国、英国、中国、日本などで発売する。

大型スクリーンの「iPhone(アイフォーン)」に人気が集まる中、「iPad(アイパッド)」の販売はここ数四半期落ち込んでいる。9月26日までの1年間のアイパッドの販売台数は5486万台と前年同期から19%減少した。

アップルはマイクロソフトの「サーフェス・プロ3」(12インチ)に対抗し、法人需要を取り込むため、アイパッドプロを9月に発表した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT