大型「iPad Pro」、日米など主要国で11日発売

12.9インチの高精細ディスプレイを搭載

11月9日、米アップルは画面サイズが12.9インチと従来機種より大型の「iPad Pro」を11日からオンラインで販売すると発表した。サンフランシスコで9月撮影(2015年 ロイター/BECK DIEFENBACH)

[9日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は9日、画面サイズが12.9インチと従来機種より大型の「iPad Pro(アイパッドプロ) 」を11日からオンラインで販売すると発表した。店頭販売も今週末から始める。

価格は799ドル。専用のキーボードやスタイラスペンなども購入すると1000ドル程度になる。米国、英国、中国、日本などで発売する。

大型スクリーンの「iPhone(アイフォーン)」に人気が集まる中、「iPad(アイパッド)」の販売はここ数四半期落ち込んでいる。9月26日までの1年間のアイパッドの販売台数は5486万台と前年同期から19%減少した。

アップルはマイクロソフトの「サーフェス・プロ3」(12インチ)に対抗し、法人需要を取り込むため、アイパッドプロを9月に発表した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。