大型「iPad Pro」、日米など主要国で11日発売

12.9インチの高精細ディスプレイを搭載

11月9日、米アップルは画面サイズが12.9インチと従来機種より大型の「iPad Pro」を11日からオンラインで販売すると発表した。サンフランシスコで9月撮影(2015年 ロイター/BECK DIEFENBACH)

[9日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は9日、画面サイズが12.9インチと従来機種より大型の「iPad Pro(アイパッドプロ) 」を11日からオンラインで販売すると発表した。店頭販売も今週末から始める。

価格は799ドル。専用のキーボードやスタイラスペンなども購入すると1000ドル程度になる。米国、英国、中国、日本などで発売する。

大型スクリーンの「iPhone(アイフォーン)」に人気が集まる中、「iPad(アイパッド)」の販売はここ数四半期落ち込んでいる。9月26日までの1年間のアイパッドの販売台数は5486万台と前年同期から19%減少した。

アップルはマイクロソフトの「サーフェス・プロ3」(12インチ)に対抗し、法人需要を取り込むため、アイパッドプロを9月に発表した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT