大型「iPad Pro」、日米など主要国で11日発売

12.9インチの高精細ディスプレイを搭載

11月9日、米アップルは画面サイズが12.9インチと従来機種より大型の「iPad Pro」を11日からオンラインで販売すると発表した。サンフランシスコで9月撮影(2015年 ロイター/BECK DIEFENBACH)

[9日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は9日、画面サイズが12.9インチと従来機種より大型の「iPad Pro(アイパッドプロ) 」を11日からオンラインで販売すると発表した。店頭販売も今週末から始める。

価格は799ドル。専用のキーボードやスタイラスペンなども購入すると1000ドル程度になる。米国、英国、中国、日本などで発売する。

大型スクリーンの「iPhone(アイフォーン)」に人気が集まる中、「iPad(アイパッド)」の販売はここ数四半期落ち込んでいる。9月26日までの1年間のアイパッドの販売台数は5486万台と前年同期から19%減少した。

アップルはマイクロソフトの「サーフェス・プロ3」(12インチ)に対抗し、法人需要を取り込むため、アイパッドプロを9月に発表した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。