日立が失敗続きの伊鉄道会社を買収したワケ

ヨーロッパ大陸に信号と車両製造で足がかり

しかし、それ以外の製品は、イタリア以外で多く採用されることはなかった。現在、イタリア国内の高速列車フレッチャロッサに使用される、最高速度300km/hを誇るETR500型は、トルコ国内に建設中だった高速新線でデモンストレーション走行をするなど、契約へ向けて交渉が行われたが、結局この商談は成立しなかった。

汎用機関車E403型はイタリア国内用にのみ採用されるにとどまった

また機関車も、各国への乗り入れに対応する車両を開発し、地元のトレニタリア社にE403型として納入されたが、他国で採用されることはなかった。

すでに各国へ納入実績が多数あり、量産体制が確立しているボンバルディア社やジーメンス社の開発した汎用機関車に、特にコストの面で太刀打ちできなかったのだ。

トラブルで全車両返品も

アンサルドブレダ社のつまずきは、他国からオーダーされた新型車両にトラブルが多発したことで、徐々に深刻の度合いを深めていく。

既存車両の置き換えを目的として、デンマーク鉄道から受注した新型気動車IC4型は、これからのデンマーク都市間輸送の主力となるはずであったが、納期の遅れとコンピューターシステムの不具合により、通常運行に支障をきたすようになり、デンマーク鉄道側は、速やかにトラブルが解決されなければ、すべての契約を破棄すると最後通告を行う事態となった。結局、アンサルドブレダ側が保証金2億5000万デンマーククローネを支払うことで和解したが、同社にとっては大きな痛手となった。

さらに追い打ちをかけるように、同社はもう一つの問題を抱えていた。オランダとベルギーを結ぶ高速列車フィーラ(FYRA)は、両国の鉄道が共同出資したジョイントベンチャーの運行会社で、V250と称する最高速度250km/hの新型車両19編成がアンサルドブレダ社へオーダーされていた。しかし、やはり納期が遅れたことに加え、2012年12月の運行開始から度重なるトラブルが発生したことで、そのわずか3週間後の2013年1月に、全車両の運行認可が取り消されるという事態になった。

オランダ・ベルギー両鉄道は、残りの全車両の受け取りを拒否し、納入されたものも含め、すべてメーカーへ返品することを要求した。結局、アンサルドブレダ社は違約金の支払いと同時に、すべての車両を買い戻すことに合意、2014年には全編成がイタリアへ返品された。

次ページ失敗続きのメーカーをなぜ買収?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。