トヨタが遂に投入する次世代ハイブリッド

普及には電池の量産化がカギ

トヨタが遂に投入する次世代ハイブリッド

先行走者のトヨタ自動車がまた一歩踏み出した。13日、デトロイトモーターショーで家庭用電源から充電できるプラグイン・ハイブリッド車を2010年までに投入すると表明。米国中心に法人向けに売り出す。

今回最大のポイントはリチウムイオン電池の量産化だ。リチウムイオンは従来のニッケル水素電池に比べて小型で高出力、容量が大きい。これを搭載することにより、現行ハイブリッド車に比べ、より電気だけで走行する距離が増す。

ただ、パソコンの発火問題など安全性に問題が残ることから、搭載は当面先送りされるとの観測が根強かった。これに対し、トヨタは松下電器産業と合弁のパナソニックEVエナジーで量産化を検討すると発表。“先送り”説をひとまずハネ返した格好だ。

米ゼネラル・モーターズもプラグイン投入をブチ上げるなど、欧米勢の巻き返しも熱い。今後はコスト面など、よりビジネスに重点を置いたトヨタのさらなる一手に、業界中の視線が集まる。(週刊東洋経済2008年1月26日号より)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT