トヨタが遂に投入する次世代ハイブリッド

普及には電池の量産化がカギ

トヨタが遂に投入する次世代ハイブリッド

先行走者のトヨタ自動車がまた一歩踏み出した。13日、デトロイトモーターショーで家庭用電源から充電できるプラグイン・ハイブリッド車を2010年までに投入すると表明。米国中心に法人向けに売り出す。

今回最大のポイントはリチウムイオン電池の量産化だ。リチウムイオンは従来のニッケル水素電池に比べて小型で高出力、容量が大きい。これを搭載することにより、現行ハイブリッド車に比べ、より電気だけで走行する距離が増す。

ただ、パソコンの発火問題など安全性に問題が残ることから、搭載は当面先送りされるとの観測が根強かった。これに対し、トヨタは松下電器産業と合弁のパナソニックEVエナジーで量産化を検討すると発表。“先送り”説をひとまずハネ返した格好だ。

米ゼネラル・モーターズもプラグイン投入をブチ上げるなど、欧米勢の巻き返しも熱い。今後はコスト面など、よりビジネスに重点を置いたトヨタのさらなる一手に、業界中の視線が集まる。(週刊東洋経済2008年1月26日号より)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。