トヨタが遂に投入する次世代ハイブリッド

普及には電池の量産化がカギ

トヨタが遂に投入する次世代ハイブリッド

先行走者のトヨタ自動車がまた一歩踏み出した。13日、デトロイトモーターショーで家庭用電源から充電できるプラグイン・ハイブリッド車を2010年までに投入すると表明。米国中心に法人向けに売り出す。

今回最大のポイントはリチウムイオン電池の量産化だ。リチウムイオンは従来のニッケル水素電池に比べて小型で高出力、容量が大きい。これを搭載することにより、現行ハイブリッド車に比べ、より電気だけで走行する距離が増す。

ただ、パソコンの発火問題など安全性に問題が残ることから、搭載は当面先送りされるとの観測が根強かった。これに対し、トヨタは松下電器産業と合弁のパナソニックEVエナジーで量産化を検討すると発表。“先送り”説をひとまずハネ返した格好だ。

米ゼネラル・モーターズもプラグイン投入をブチ上げるなど、欧米勢の巻き返しも熱い。今後はコスト面など、よりビジネスに重点を置いたトヨタのさらなる一手に、業界中の視線が集まる。(週刊東洋経済2008年1月26日号より)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT