命を守る東京都 立川市の自治会 佐藤良子著

命を守る東京都 立川市の自治会 佐藤良子著

ふるさとづくり大賞総理大臣賞、全国防災まちづくり大賞を受賞し、「日本でいちばん住みたい団地」ともいわれる東京都立川市の大山団地。何がそうさせているのか。

自治会財政を支えているのがコミュニティビジネスだ。会費納入率はほぼ100%だが、公園、公営駐車場の委託管理請負などさまざまな工夫で財政基盤を厚くする。東日本大震災の被災者受け入れも68世帯180人に上り、希望者は後を絶たない。「向こう三軒両隣」を基本にしたコミュニティづくりは、子どもの虐待や高齢者の孤立死を防ぐのにも役立っている。

住民数3200人の「ベッドタウン」の自治会長が、命を守り、人を救う自治会のあり方を説き明かす。

広済堂新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT