命を守る東京都 立川市の自治会 佐藤良子著

命を守る東京都 立川市の自治会 佐藤良子著

ふるさとづくり大賞総理大臣賞、全国防災まちづくり大賞を受賞し、「日本でいちばん住みたい団地」ともいわれる東京都立川市の大山団地。何がそうさせているのか。

自治会財政を支えているのがコミュニティビジネスだ。会費納入率はほぼ100%だが、公園、公営駐車場の委託管理請負などさまざまな工夫で財政基盤を厚くする。東日本大震災の被災者受け入れも68世帯180人に上り、希望者は後を絶たない。「向こう三軒両隣」を基本にしたコミュニティづくりは、子どもの虐待や高齢者の孤立死を防ぐのにも役立っている。

住民数3200人の「ベッドタウン」の自治会長が、命を守り、人を救う自治会のあり方を説き明かす。

広済堂新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT